« ナンバンギセル | トップページ | チョウジソウ »

ジャコウアゲハ

図鑑では、ジャコウアゲハの幼虫はウマノスズクサを食草にして葉や茎を食べる。
ウマノスズクサには、アリストロキア酸と言う植物アルカロイドを含みたべることによって体内に毒を蓄積して天敵の鳥などに対して化学防衛していると記されている。幼虫は4回の脱皮を経て蛹になり羽化して成虫になるようだ。

T_imgp1737


|

« ナンバンギセル | トップページ | チョウジソウ »

自然」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャコウアゲハ:

« ナンバンギセル | トップページ | チョウジソウ »