« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

ヒノキバヤドリギ

Hinoki

T_imgp5928

写真は、ツバキに寄生しているヒノキバヤドリギ
ヒノキバヤドリギ、葉緑素を持ち光合成をする半寄生植物。

ヒノキバヤドリギの果実は熟すと果皮が破れて付近の枝に飛び散り
寄生するようだが、離れた木に寄生するには小さな果実を運んでくれる鳥か昆虫が関係しているものと思う。

接ぎ木をするときには、同じ種の植物でないと拒絶反応があり
継ぐことができないが、ヒノキバヤドリギは、種の違うツバキに寄生するためにどんな生理的技を持っていものだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

巻き方

T_imgp4187

写真の右側がヘクソカズラ、左側がガガイモです。
つる植物は巻き方によって右巻きと左巻きに区別されますが、
巻き方の表記によっては同じ巻き方が反対の表記になってしまいます。
右手で握って親指方向に進むものを右巻きの表記では、ヘソカズラが右巻き。
手を握って右手の人差し指を曲げた方向に蔓が巻きついていれば右巻きの表記では、カカイモが右巻き。
横から見てミの字になっていたら右巻きの表記では、ヘクソカズラが右巻き。
最近はどうも右肩上がりの巻き方が新しい右巻らしいので、ガガイモが右巻き。

右巻きと左巻きの表記以外には、SとZ文字の中央の傾きでS巻きとZ巻きの表記では、ヘクソカズラがS巻きでガガイモがZ巻き。
上から見て時計回り反時計回りの表記もあり、僕の中ではまだ混乱していて覚えられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤナギの仲間

何ヤナギでしょうか?ヤナギは識別できません。
白い綿毛に包まれた小さな種子がたくさん風に舞っていました。

T_imgp5443


| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリバヒエンソウ

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)
ヒエンソウは燕が飛ぶ草と書きますが、ツバメが飛んでいるように見えるかなぁ

T_imgp5462


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルビエ展

練馬区立美術館 で展示されているジョルジュ・バルビエのモード雑誌の挿絵展に行ってきました。
綺麗な色彩でしなやかな肢体表現が魅力的な作品が沢山展示されています。
(購入したポストカードの二枚です)

Barubie


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フデリンドウ

T_imgp5363_2

鮮やかなフデリンドウが咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アミガサタケ

Ami_2

アミガサタケ、今年は沢山見つかりました。
いつものレシピでいただきましたが、次回はクリームシチューにでもしようかなと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »