« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

セッコク

スギの木が、セッコクの花を咲かせたようにスギの木全体に沢山のセッコクが着生していて誰もが足を止めて見ていく。
図鑑には、甘い芳香を放つと記されているが、遠すぎて香りまでは確認できないのが残念です。デジスコで撮影しました。
Seltukoku1 Seltukoku2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオバウマノスズクサの実

先日、オオバウマノスズクサを見てきてから約一ヶ月、もう実を付けている頃だと思ってまた見に行ってきました。細長い六稜の実が膨らみ始めていた。
Oobanomi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒミコ

一度乗ってみたいと思っていた水上バス「ヒミコ」に乗ってきました。
東京に住んでいても出かけるのは、ほとんど山ばかり。六本木ヒルズもミッドタウンも新丸の内ビルも、最近オープンした赤坂サカスも未だに知りません。今日は、ちょっと東京らしい場所かなぁ
ヒミコは、男おいどんや銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトでお馴染みの松本零士さんがティアドロップ(涙滴)をイメージに、デザインされ外装は、特注ガラスで技術的に難しいガラス面のカーブをクリアしたロケット思わせるような近未来型のたいへん美しい船体です。
近くで見ていた子供が超かっこいいと言っていました。
乗ったのは、浅草の水上バス乗り場(アサヒビールの対岸)から清洲橋、隅田川大橋、永代橋、佃大橋、勝鬨橋、レインボーブリッジなどをくぐってお台場海浜公園まで乗ってきました。
上の写真が浅草の乗り場に近づいた時で、下はレインボーブリッジをバックにお台場の乗り場です。
Himiko_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨウラクラン

瓔珞を広辞苑で引くと、インドの貴族男女が珠玉や貴金属に糸を通して作った装身具。
花が房状に垂れ下がっている姿が瓔珞を思わせるところから、ヨウラクランの名前が付けられたようです。
ヨウラクランの花は日本の野生蘭で最も小さいと言われています。
今回、撮ろうとした杉の枝に着生していた二つのヨウラクランは、先日の台風のような風で飛ばされてしまったのか、無くなっていました。
今回の写真は予定していなかった場所で撮った写真です。

Yoorakuran

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »