« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

カヤラン

沢山の人が通る場所の桜の木にカヤランが着生していました。
腕をめいっぱい伸ばして撮影。もっと高いところに沢山花をつけている株がありましたが、・・・
Kayaran

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オオバウマノスズクサ

今日はワダソウの写真を撮りたくて出かけたのですが、残念ながら見つかりませんでした。
帰り道で思いがけずジャコウアゲハの食草でも知られているオオバウマノスズクサに逢えました。
つる性の植物で僕の身長より大きく育っていて、管楽器のサキソフォンのようにUの字型に曲がり先端が開いた筒状の花を沢山付けていました。

Oobaumanosuzukusa_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヒメニラ

麓ではもう終わってしまった、ヒメニラ、コガネネコノメソウの花が山の上ではまだ残っていました。
ヒメニラ、5ミリほどの小さな花で、老眼になった僕には意識して見ないとなかなか見つからない。わずかにニラに似た匂いがある。
コガネネコノメソウ、萼裂片は黄色で四角状に直立、葯も黄色。走出枝先の葉、萼片に長い軟毛が散生。
小さな花なので、三枚とも花の部分だけトリミングしました。
Himenira






Kogane_3

Hime1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フモトスミレ

シコクスミレから少し登ったところに、フモトスミレが咲いていました。
花弁の裏側と距の紅紫色もおしゃれなスミレです。Fumoto
いがりまさしさんの図鑑に「日本のスミレのなかで、地味ながらもハイセンスな逸品といえるだろう。」と記されているように僕も好きなスミレです。

Humotosumire

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シコクスミレ

標高約1000m、ようやく木々が新緑の装いでとってもきれい。
足元にはシコクスミレ、鼻を近づけると微かにいい香り。

Sikoku


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤシャビシャクの花

ヤシャビシャクもう咲いている頃かなぁと思い、仕事を○○って見に行ってきました。
淡緑白色の小さな花で、短いほうが花弁で、長いほうが萼片です。子房に針状の腺毛が密生している。
Yashabi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »