« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

ミドリタチツボスミレ

みどり色の花は、葉化したものとか、一種の先祖がえりとか言われています。上を向いて咲いていることが多いようです。
Midoritatitubo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タマノカンアオイ

タマノカンアオイ
名前をつけた標本の採集地は、神奈川県の生田緑地付近のようで、名前の「タマ」は多摩丘陵を意味しているようです。多摩丘陵(埼玉県、東京都、神奈川県)と周辺のみで確認されています。波立つような模様の花びらが特徴。土に埋もれるように花を付けるので、落ち葉を動かして撮影しました。
ギフチョウの幼虫の食草としてカンアオイの仲間、ウスバサイシンやタマノカンアオイなどが知られています。

Tamakan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤシャビシャク

Yasya 久しぶりに山を歩いて始めて見る植物のヤシャビシャクに逢いました。
落葉広葉樹の窪んだところに着生して、葉の陰に隠れるように淡緑白色のつぼみを付けていました。あと数日で開花しそうでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツクシスミレ

Tukusi 東京の桜は満開を過ぎて風で散って、花吹雪。
地面に散って、花筵。流れに流されて花筏。
散ってからも桜は、やはり桜。
その散った桜の花びらに良く似た小さなツクシスミレが、さくらの花びらと美しさを競っていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »